「岡山県のおすすめ注文住宅3選」を価格別で紹介【50社以上から厳選】|岡山の注文住宅Rakuナビ » 注文住宅に用いられている施工法 » RC造の注文住宅のメリットとデメリットについて

RC造の注文住宅のメリットとデメリットについて

RC造の注文住宅の特徴とメリット・デメリット、岡山市でRC造の建築ができる注文住宅会社の紹介を掲載しています。

RC工法の注文住宅の特徴と相場

RC工法とは一般的にいわれる「鉄筋コンクリート造」のことです。コンクリートを鉄筋で補強したものを構造材として建築を行う工法で、圧縮の力に強いコンクリート引っ張りに強い鉄筋の両方の長所を併せ持った強い構造が特徴です。コンクリートがアルカリ性の性質を持っているため、鉄筋が酸化によって劣化することを防ぐ働きもあります。

ただ、建築費用が木造住宅や鉄骨造住宅に比べると高額になりやすいため、一般住宅としての需要は必ずしも多いとは言えません。

RC工法のメリット

耐震性能

RC工法の基本構造は、鉄筋コンクリートのパネルによる6面体のモノコック構造です。そのため外力が建物の面全体に分散されるので、高い耐震強度が実現できます。

耐久性

RC工法の住宅では圧縮に強いコンクリートと引っ張りに強い鉄筋が相互に強度を補完し合うため、他の工法の住宅と比較すると非常に耐久性に優れています。

気密性

コンクリートによる構造躯体には隙間がなく気密性が高いため、断熱材の併用で冷暖房効率が格段にアップ。省エネ効果が期待できます。

耐火性能

コンクリートは不燃材料なので、RC工法の住宅は基本的に家全体が耐火構造だと言えます。

遮音性能

コンクリートは遮音性能が高く、180mm厚のコンクリートでは透過損失-50db以上の性能があります。屋外が70dbの騒音のときも、屋内には深夜の静けさを感じさせる20dbしか音が透過してこないことになります。

大空間

RC工法では大空間の設計が容易です。3階建て住宅なら1階を店舗にすることもできます。

RC工法のデメリット

建築費が高額

RC工法の最大のデメリットは建築費用が高額になることです。耐震・耐火性能が優れているためRC工法を希望する人も増えていますが、費用の問題で諦める人も少なくないようです。

高額でも耐震・耐火性能をとるか、耐震・耐火性能がナンバー2でも鉄骨造の住宅にして余裕ができた分を家具などの購入に向けるか、充分に考慮して決断するべきでしょう。

建物が重い

RC工法の住宅はコンクリートと鉄筋を使うため、重量が非常に重くなります。地盤によってはRC工法が選択できないのも、そのためです。地盤改良によってRC工法の建築が可能になる場合もありますが、地盤改良の工事費用が建築費用とは別に掛かってしまいます。

結露

高気密の空間ができるため、適切な換気システムを導入しないと結露が生じやすくなります。24時間換気システムを導入することで、結露の問題は解決可能です。

「こだわり×
コストで探す」
岡山の注文住宅3選

Housing by cost
Housing by cost
「コスト&こだわり」で探す
岡山のおすすめ注⽂住宅会社
「こだわり」より
「コスト」を抑えたい!
そんな30代にマッチするのは…
アンセップホーム
アンセップホーム

引⽤元:アンセップホーム(https://www.ansep.jp/)

参考坪単価
27.8万円〜
参考上物価格
1000万円〜

※参考上物価格は36坪(岡山県の戸建ての平均)で計算

施⼯事例を公式HPで⾒る

無理のない「コスト」で
「こだわり」も叶えたい!
そんな30代にマッチするのは…
SPECIALABO
SPECIALABO

引⽤元:SPECIALABO(https://specialabo.co.jp/blog/3506)

参考坪単価
50万円〜
参考上物価格
1800万円〜

※参考上物価格は36坪(岡山県の戸建ての平均)で計算

施⼯事例を公式HPで⾒る

「コスト」はかけても
「こだわり」を貫きたい!
そんな30代にマッチするのは…
積水ハウス
積水ハウス

引⽤元:積水ハウス(https://www.sekisuihouse.co.jp/kodate/works/detail/0298/)2021年8月17日時点

参考坪単価
80万円〜
参考上物価格
2880万円〜

※参考上物価格は36坪(岡山県の戸建ての平均)で計算

施⼯事例を公式HPで⾒る

【選定基準】「岡山 注文住宅」とGoogle検索し(2021年8月17日時点)、上位表示された50社以上の注文住宅会社のうち、坪単価、資金計画やローン相談、土地探し、耐震等級3以上の記載が公式HPなどのWEB上にある3社を選出しています。

【参考上物価格】岡山県の平均一戸建ての広さが約36坪。(参照元:株式会社ヘルシーホーム https://www.healthy-home.co.jp/column/251/ ※情報は2018年10月時点)。これに各社の坪単価をかけて参考上物価格を算出しました。
例.アンセップホームの27.8万×36坪=1000万円(万以下、切り捨て)