「岡山県のおすすめ注文住宅3選」を価格別で紹介【50社以上から厳選】|岡山の注文住宅Rakuナビ » 注文住宅に用いられている施工法 » 木造の注文住宅のメリット・デメリットを知ろう

木造の注文住宅のメリット・デメリットを知ろう

木造の注文住宅の工法として、在来軸組構法・2×4構法・SE構法の特徴と価格を掲載しています。

木造注文住宅の工法の種類

木造注文住宅の建築法には在来木造軸組工法や2×4工法、重量木骨工法(SE構法)があります。

それぞれの構法にはメリットやデメリットもあるため、注文住宅を建てる際には住宅会社と相談して希望の家に最適な構法を選ぶことが大切です。

在来木造軸組構法

日本伝統の建築構法で、コストが安いこととデザインへの対応の自由度が高いことが特徴です。

昔ながらの職人さんが現場で手作業で建築する場合と、CAD-CAMシステムを使って工場であらかじめ加工したものを現場で組み立てる方法があります。

手作業の場合は職人さんの腕に左右されることや、構造計算が行えない場合は強度不足が懸念されることもあります。

2×4構法

壁式構法と呼ぶこともあります。2×4の他に2×6もあります。北米から伝わった構法で、木造軸組構法が梁や柱の「枠」で家を支えるのに対して、床や壁といった「面」で家を支えることが特徴です。

壁が家の荷重を支えるため広い開口部を作りにくい欠点がありますが、建物全体の剛性が高く部材同士の結合が強固なため耐震性能・断熱性能が高い利点もあります。

重量木骨(SE)構法

木造住宅にSE金物で強度を加えることで、鉄骨住宅と同様のラーメン構造を可能にしたものです。

在来軸組構法と比較すると大空間や大開口が作りやすく、デザインの自由度が格段にアップします。

木造注文住宅の構法による価格相場

木造注文住宅を在来木造軸組構法・2×4構法・SE構法で建てた場合の、それぞれの本体価格(坪単価)を比較してみましょう。

参照元:お家のいろは
(https://ouchi-iroha.jp/house-34-12639#:~:text=%EF%BC%881%EF%BC%89%E3%80%8C%E6%9C%A8%E9%80%A0%E8%BB%B8%E7%B5%84,%E8%A8%98%E8%BC%89%E3%81%97%E3%81%9F%E9%87%91%E9%A1%8D%E3%81%AF%E4%B8%80%E4%BE%8B%EF%BC%89%E3%80%82)

各構法の坪単価はハウスメーカーによっても違うため、おおまかな目安と考えてください。一般的に在来工法が最も安く、次いで2×4、SE構法の順になっています。

木造注文住宅のメリット・デメリット

木造注文住宅には建築費用が比較的安いこと以外にも、次のようなメリットがあります。

しかし鉄筋住宅やRC造住宅と比較すると、デメリットもいくつか上げられます。

「こだわり×
コストで探す」
岡山の注文住宅3選

Housing by cost
Housing by cost
「コスト&こだわり」で探す
岡山のおすすめ注⽂住宅会社
「こだわり」より
「コスト」を抑えたい!
そんな30代にマッチするのは…
アンセップホーム
アンセップホーム

引⽤元:アンセップホーム(https://www.ansep.jp/)

参考坪単価
27.8万円〜
参考上物価格
1000万円〜

※参考上物価格は36坪(岡山県の戸建ての平均)で計算

施⼯事例を公式HPで⾒る

無理のない「コスト」で
「こだわり」も叶えたい!
そんな30代にマッチするのは…
SPECIALABO
SPECIALABO

引⽤元:SPECIALABO(https://specialabo.co.jp/blog/3506)

参考坪単価
50万円〜
参考上物価格
1800万円〜

※参考上物価格は36坪(岡山県の戸建ての平均)で計算

施⼯事例を公式HPで⾒る

「コスト」はかけても
「こだわり」を貫きたい!
そんな30代にマッチするのは…
積水ハウス
積水ハウス

引⽤元:積水ハウス(https://www.sekisuihouse.co.jp/kodate/works/detail/0298/)2021年8月17日時点

参考坪単価
80万円〜
参考上物価格
2880万円〜

※参考上物価格は36坪(岡山県の戸建ての平均)で計算

施⼯事例を公式HPで⾒る

【選定基準】「岡山 注文住宅」とGoogle検索し(2021年8月17日時点)、上位表示された50社以上の注文住宅会社のうち、坪単価、資金計画やローン相談、土地探し、耐震等級3以上の記載が公式HPなどのWEB上にある3社を選出しています。

【参考上物価格】岡山県の平均一戸建ての広さが約36坪。(参照元:株式会社ヘルシーホーム https://www.healthy-home.co.jp/column/251/ ※情報は2018年10月時点)。これに各社の坪単価をかけて参考上物価格を算出しました。
例.アンセップホームの27.8万×36坪=1000万円(万以下、切り捨て)