子育てにあんしん注文住宅・岡山市の工務店ランキング » 【特集】岡山市で健康住宅を建てるには? » 健康住宅で対策できるシックハウス症候群

健康住宅で対策できるシックハウス症候群

シックハウス症候群の症状とは

めまい、吐き気、のどの痛み、頭痛、目がチカチカして痛い、動悸がするといった症状が現れます。家の中にいるとこれらの症状が現れ体調不良になることをシックハウス症候群といいます。

原因として考えられるのは、住宅の建材や内装、家具などで使われている揮発性の化学物質です。具体的には、塗料、接着剤、防腐剤などに多くの化学物質が含まれ、新築にも関わらず室内の空気が汚染されてしまいます。住んでいるだけで症状が引き起こされるシックハウス症候群の患者数は、100万人を超えるとも言われています。とくに、大人よりも呼吸量が多い子どもへの影響が高く、アトピーや喘息のアレルギー疾患を持っている場合は症状が悪化してしまうため注意が必要です。

慢性的になってしまうと、日常生活を送ることも難しくなります。住宅が原因の健康障害のため、対策としては家の換気をこまめにする、化学物質が含まれる建材を使わず全ての建材を無垢材などの天然素材のものにすることが有効です。

シックハウス症候群を対策する健康住宅

調湿効果がある無垢材をはじめ、脱臭効果がある漆喰、お米を練って作る天然の接着剤米のり、断熱性や防音性を兼ね備える炭化コルク。こういった天然素材でつくる無添加住宅は、建材ひとつに至るまで吟味を重ねて選びます。

2003年7月から適用された国土交通省が定める建築基準法改正により、シックハウス対策が義務付けられました。揮発性有機化合物13種類に指針値が出され、ホルムアルデヒドとクロルピリホスは規制されました。クロルピリホスは、害虫駆除に多く用いられ、防蟻、木材の防腐対策で建材に添付されます。ホルムアルデヒドは、接着剤の原料として合板などの建材に多く使われ、シックハウス症候群を引き起こす化学物質の代表格。

しかし、とくに注意が必要なこの2種類を規制しても化学物質の種類は数千万もあると言われています。そこで、大切なのは化学建材を一切使用しない家づくりが注目を集めています。シックハウス症候群の対策になるだけでなく、発症者の症状が改善傾向になることも大いにあります。室内の空気にこだわった健康住宅に住んでいるだけで身体も健康になってきます。

自然素材の種類もいろいろあるので、どんな素材で家を建てるべきか、工務店・ハウスメーカーにしっかり相談してみましょう。

岡山市の健康住宅会社をチェック!

岡山市でおすすめの
注文住宅会社2選

住む人の未来を考え
性能美を意識した家

コスミック・ガーデン
  • 100年に渡って塗り替え・改修不要の陶性外壁を使用
  • 断熱性・高気密素材で1年を通じて快適な室温を実現
  • メンテナンス性と耐久性を兼ね備えた高品位キッチンを採用

自然素材だけを使用!
子どもにやさしい無添加住宅

コラボハウス
コラボハウスのキャプチャ コラボハウスのキャプチャ
  • 化学建材を一切使わない、住む人にやさしい無添加住宅
  • 電気を使わないヒートポンプ式の床暖房で電気代75%減
  • ZEH対応&自然光、熱、風を利用して建物の温熱環境を調節