子育てにあんしん注文住宅・岡山市の工務店ランキング » 【特集】岡山市で健康住宅を建てるには? » 無垢材の性質・性能は?

無垢材の性質・性能は?

無垢材の種類

あたたかみある風合いとぬくもりを感じる手ざわりで人気の無垢材。実際に、住宅の床材によく使われる人気の素材をご紹介します。

杉…肌触りが良く柔らかい素材です。そのため加工もしやすく、無垢材の中では価格が安めです。パイン材と呼ばれ親しまれ、見た目は白っぽく、内側は赤黒みを帯びて美しいです。フローリング、天井の羽目板などに使われます。ただし、物を落とすと傷になりやすく凹みを気にする方にはオススメできません。

ヒノキ…伝統的な日本の最高級建材として認知されています。湿気に強いためよく風呂場や浴槽に使われている無垢材です。腐りにくく殺菌作用にも優れています。何より香りが良く、アロマテラピー効果もあります。耐久性の高さから、内装材だけでなく構造材にも使われています。

バーチ(カバ桜)…カバノキ科の落葉広葉樹です。薄いピンクがかった白を基調とした木目をしています。木の肌質は均質で上品な風合いがあります。色味のばらつきもないのが特徴です。堅くて重い木材ですが、強い衝撃に強く吸収性があるためフローリング材に適しています。

オーク(楢)…日本では楢(ナラ)材とも呼ばれています。堅くて耐久性に優れ、北欧では家具材にも使われています。木目がしっかりとし、独特の縞模様、虎斑(とらふ)があり重厚感を感じさせます。傷がつきにくいためフローリングに適しています。

メープル(楓)…見た目は、やさしい白色で部屋全体をナチュラルな雰囲気にしてくれます。見た目に反し、非常に堅く、衝撃性や耐摩耗性に優れています。そのため、ボウリング場の床、バットの素材などにも使われています。

無垢材を使った家のメリット

無垢材は天然素材なので、反ったり縮んだりするため割れ、傷が目立つといったことが起こります。一見デメリットのように感じますが、自然の木は呼吸しているという証拠で、メリットがたくさんあります。

無垢材を使った家では、天然の木が発する芳香成分で森林浴効果が得られリラックスできます。他にも、調湿効果があり、結露やカビを防ぎ、空気清浄効果があるので快適に過ごすことができます。肌触りが心地よく、冬でもぬくもりを感じることができ、つい裸足で過ごしたくなります。フローリングでも使われる杉の木は傷つきやすいのが難点ですが、やわらかく気持ちがよいです。

構造材にも使用されるヒノキなどは強度も強く、樹齢を増すごとに耐震性も高いと言われています。無垢材を使った家は、とくにアトピーや喘息などアレルギー症状を持つお子さんをもつご家庭では打ってつけです。引っ越したら症状が和らいだという声も聞かれます。

家族の健康のためには化学建材ではなく無垢材を使った家づくりがイチバンです。ただし、木の持つ性質は違うため、家族にはどんな材質の家が合っているかはプロに聞いてみると良いでしょう。

岡山市の健康住宅会社をチェック!

岡山市でおすすめの
注文住宅会社2選

住む人の未来を考え
性能美を意識した家

コスミック・ガーデン
  • 100年に渡って塗り替え・改修不要の陶性外壁を使用
  • 断熱性・高気密素材で1年を通じて快適な室温を実現
  • メンテナンス性と耐久性を兼ね備えた高品位キッチンを採用

自然素材だけを使用!
子どもにやさしい無添加住宅

コラボハウス
コラボハウスのキャプチャ コラボハウスのキャプチャ
  • 化学建材を一切使わない、住む人にやさしい無添加住宅
  • 電気を使わないヒートポンプ式の床暖房で電気代75%減
  • ZEH対応&自然光、熱、風を利用して建物の温熱環境を調節