子育てにあんしん注文住宅・岡山市の工務店ランキング » こだわり別!岡山市の注文住宅の施工事例

こだわり別!岡山市の注文住宅の施工事例

岡山市で注文住宅を建てたい人に向けて、家づくりでこだわりたいポイントごとに施工事例についてまとめました。

安心の自然素材を使った注文住宅

自然素材の家とは、シックハウス症候群や化学物質過敏症を防ぐために、ビニールクロスや、合板フローリング、塩化ビニールシートなどの化学物質を含んだ素材を使用しないで建てた家のことです。小さなお子さんがいる家庭やアレルギーに悩まされる人など、家づくりに用いられる建材を重視している人は少なくありません。

自然素材の一例として、消石灰が主材で主に壁材として用いられる「漆喰(しっくい)」、調湿性や消臭性に優れ有害物質を吸着分解する「珪藻土(けいそうど)」、天然の木材で防虫や耐久性のある「無垢材(むくざい)」などがあげられます。

自然素材を取り入れた
住まいについて詳しく見る

デザイン重視のおしゃれな注文住宅

和モダン、北欧、ナチュラル、ヴィンテージ。誰もが、世界に一つだけのデザインで、おしゃれなデザインの住まいに憧れます。忘れてはいけないのは、デザインと使い勝手が両立する家であること。

間取りや窓からの光の入り方、収納など生活する上で必要な心地よさをカバーできるデザインでありたいものです。そのためには、設計士など担当者との妥協のない話し合いが大切。あらかじめ、会社のホームページやカタログでデザインの得意分野を知っておくと良いでしょう。

デザイン重視のおしゃれな住まい
について詳しく見る

ローコストで建てられる注文住宅

住宅を建てる場所にもよりますが、一般的な住宅の坪単価相場は80~90万円ほどです。しかし注文住宅は坪単価30万円~60万円が価格相場となっています。

コストは「材料費」「人件費・広告宣伝費」「諸経費」の3つのポイントが重なり合ってできています。特にハウスメーカーは常設のモデルハウスなどで人件費・広告宣伝費の維持が必要なため、結果コストがかかりがちです。

一方、工務店はハウスメーカーほどの人件費・広告宣伝費をかけないため、その分ローコストに貢献できるといった面があります。

ローコストで建てられる
住まいについて詳しく見る

施工会社選びも満足できる
マイホームづくりのポイント

ハウスメーカーと工務店の違いを知る

一般的に、家づくりは「ハウスメーカー」か「工務店」にお願いするもの。この会社選びが、理想の家づくりを大きく左右すると言っても過言ではありません。

ハウスメーカーと呼ばれるのは、全国規模で営業している大手の住宅建築会社のことです。独自の住宅商品をもっているのが特徴で、デザインを決めた規格商品を中心としているため設計の自由度は低め。モデルハウスを見学できるので、イメージをつかみやすいのがメリットでしょう。

工務店は地元密着の中小規模の住宅建築会社です。フルオーダーの注文住宅を中心に請け負っていて、設計の自由度が高いのに加え、希望を柔軟に聞き入れてもらえる融通性の高さも特徴。また、自社施工やモデルハウスなど広告宣伝費の維持などにかかる経費も少ないため、価格を抑えた家づくりが可能です。

土地選びから相談に乗ってくれる業者を選ぶ

注文住宅を建てることと、土地探しはセットで考えることが大切です。家づくりの舞台となる土地は、通勤や通学、買い物などの利便性を考慮するだけに止まらず、気候や風土、建ぺい率などさまざまな条件に合わせた選定が必要です。

特に土地の入手が困難な都市部や、近年多く見られる地震や水害などに強い土地など専門家からのアドバイスが不可欠。また、「この地域が好き」と言ったフィーリングも大切です。土地探しからサポートしてくれる会社もあるので、柔軟に検討してみましょう。